ヒアルロン酸の成分


ヒアルロン酸は元々人の体内に存在する成分で、保水力に優れています。ここでは、ヒアルロン酸の成分についてご説明します。

ヒアルロン酸ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在しており、保水力の保持や骨と骨の間の動きを滑らかにする潤滑油的な働き、クッションのような役割で細胞を守っています。ムコ多糖類の一種で無色透明で粘度が高く、ゲル状になっているのが特徴です。肌の改善の他にも関節の動きを滑らかにしたり、眼球の形を保ったり、細菌の侵入を防ぐなどの作用もあります。ヒアルロン酸の保水力はたった1グラム程で6リットルの水分を保持する事ができ、私たちの体内には無くてはならない存在なのです。しかし体内のヒアルロン酸は加齢と共に減少し、肌のみずみずしさやハリを低下させ、乾燥やシミ、しわなどの老化現象を引き起こします。30代頃から急激に減少し、40代では赤ちゃんと比べると約半分、60代では赤ちゃんの約4分の1まで減少します。

ヒアルロン酸を注入する事で、肌の保湿性や弾力性を維持する他、しわやシミ、たるみの改善や予防、生理痛緩和、更年期障害の改善にも効果的です。また、体内の細胞を活性化させ、あらゆる栄養素の運搬機能も助けてくれます。