美容皮膚科でのヒアルロン酸注入


ヒアルロン酸注入美容皮膚科では、医学的な根拠に基づき、美容の観点から皮膚疾患を改善させる皮膚科です。美容皮膚科では肌トラブルや病気を治療する事はもちろん、単に疾患を治療するだけでなく、より肌を美しく維持する為のアフターケアも行ってくれます。また、美容皮膚科は自費診療であり、より効果的で美しさを維持できる施術も受けられます。施術方法は、投薬から美容専用の最新マシンによる治療まで様々です。中でも手軽で効率良く、即効性のあるヒアルロン酸注入は人気があります。ここでは、美容皮膚科でのヒアルロン酸注入について、ご説明します。

ヒアルロン酸は保湿性に優れている成分で、元々私たちの体内にも存在しています。近年ではアンチエイジングの為に多くの人がヒアルロン酸を注入しています。施術方法はいたってシンプルで、まず、カウンセリングを受けた後、問題が無ければすぐに施術に取り掛かります。化粧を落として注入箇所にシール、またはクリーム状の麻酔を塗り注入時の痛みを緩和させます。麻酔が効いてきたらヒアルロン酸を注入します。注入後は、6か月から半年後に体内に吸収されます治療時間は約10分前後で、傷跡も残りません。痛みに関しては個人差はありますが、耐えられない程ではなく、注射する部位によってはほとんど痛みを感じない場合があります。即効性があり、注入後はすぐに実感できます。対応部位はほうれい線や顎、口角、目尻、涙袋などの部位です。ヒアルロン酸注入は、一人一人の肌の状態や年齢、部位に応じてになります。