注意点


ヒアルロン酸注入による施術は手軽で、短時間で終わります。しかし、ヒアルロン酸注射を受ける際、気を付けなければならない事があります。ここでは、ヒアルロン酸注射を受ける際の注意点について、ご説明します。

涙袋形成ヒアルロン酸注射は目の周辺の小じわの改善や、近年、涙袋形成の為に使用される事が多いです。目の下の皮膚は非常に薄く、少しの刺激で内出血を起こしたり、赤くなったり腫れやすい部位です。未熟な技術によって施術された場合や、皮膚の状態に合っていないヒアルロン酸を注入した場合、皮膚が凸凹になってしまったり、涙袋が左右対称にならない場合があります。あくまでも副作用ではなく、技量不足と言う事です。涙袋形成は近年人気がある施術であり、涙袋を作る事で、若々しくふっくらとした女性らしい目元になります。しかし実際、思っていた以上に涙袋が大きい、左右対称ではなく差がある、内出血を起こしたなどの失敗例もあります。涙袋形成の際は、イメージをよりわかりやすく医師に伝える為に、なりたい芸能人などの写真などを持っていく事をお勧めします。また、初めは少量から注入し、涙袋がイメージより大きかった場合や、左右に差がある場合は、ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼを注入してもらいましょう。

Post navigation